主婦は「水」商売で「ながら族」!

主婦というのは「水」商売。料理、洗濯、掃除など、水をいじる仕事ですよね。同時に主婦は、「ながら族」でもありますね。洗濯しながらキッチンで鍋をのぞき、皿を並べながら風呂の湯加減を見にいくんですよね。キッチンは、そんな「ながら族」の能力が最大限に問われる場所でしょう。炒め物をしながら洗い物をしながら、ときには洗濯物干し場から布巾をとってきながら皿を拭く、と。これをしやすいキッチンが、主婦にとってのいいキッチンなんですね。

片づけやすいキッチンに!

キッチンは特に、調理道具、食材、食器からゴミまで、たくさんのモノが混在する場所ですから、それらを上手に効率的に片づけるための工夫が必要ですね。では、片づけやすいキッチンとはどんなキッチンでしょうか?おススメは、キッチンの隣に食品庫をつくることですよ。買い物から帰ったら、冷蔵庫にしまうもの以外は、とりあえずこの食品庫に置いておくんですね。掃除機や掃除道具も一緒に置いておけば、料理をしながらでも、気づいたときにササッと掃除できるというわけなんですよ。

片づかない理由とは?

キッチンの一角を仕切り、食品庫としてもよいでしょう。ドアはつけずにスルリと行き来できるようにし、内部の壁には浅い棚を造りつけておけば、「片づくキッチン」になりますよ。片づかない状態というのは、小さな「あとでやろう」が積み重なって生まれてしまうものなんですよね。それを解消するための間取りさえ考えておけば、ながら族の主婦にとって最強のキッチンができるはず!片づかないのは間取りが悪いせいなので、片づくキッチンデザインで解決できるんですよ。

注文住宅は、自分好みのデザインで建物を設計できるため、デザインに多くのこだわりを取り入れることが可能です。

主婦は「ながら族」!片づけやすいキッチンに