礼金は毎月の家賃として考える

今はあまりなくなってきましたが、まだ入居にあたって礼金が必要な賃貸物件もあります。この礼金は、単に最初にかかる初期費用としての意味合いしかないと考えるかもしれませんが、実際は実質家賃に関係してきます。例えば、礼金が2か月で家賃が6万円の物件であれば、契約時にかかる礼金は12万円となり、この12万円を12か月で割ると1万円となり、1年間の家賃が実質7万円となるという言ことになります。このように、礼金は家賃に含めて考えると、総合的な費用を知ることができますから、他の物件とコストを比較することができます。

家賃を下げたい場合は礼金のカットを考える

礼金は敷金のように退去時に戻ってくるものではないので、家賃に含めて考える必要があります。ですから、家賃を下げてもらいたいと考えているのであれば、礼金にも目を向けてみるとよいかもしれません。例えば、家賃が少し高いと感じた場合、家賃交渉は難しかったとしても礼金を家賃2か月分から1か月分にできる交渉してみるとよいでしょう。礼金が半分になっただけでも、家賃換算で考えれば、毎月の家賃が減額したのと同等の効果を得ることができます。

仲介手数料と更新料をチェックする

自分の希望とする賃貸物件に契約するときにチェックしておきたいものとして、仲介手数料と更新料を挙げることができます。仲介手数料や更新料に関しては、家賃の0.5か月分か1か月分が通常となっていますが、大家さんだけではなく、物件を紹介した不動産屋にも毎回必要になるケースも中にはあるので、仲介手数料や更新料が適正であるかどうかをチェックしておくということが必要になってきます。もし、大家さんと不動産屋に支払うとなると、毎回2倍の費用がかかるということになるので注意が必要になってきます。

札幌市東区の賃貸マンションは、防犯性に優れた賃貸マンションになっていて、様々な最新式の防犯システムが取り付けられています。

賃貸物件で費用を安くするための3つの方法